読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

カッパに大人気のRailsエンジニア用Macの設定

スポンサードリンク

はじめてのMacBook Air/Pro 100%入門ガイド
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「いつも何かし忘れてるのでこれを期にメモ」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ついつい忘れちゃうんですよね」

※ 2017年4月6日追記
【目次】

エンマークの入力がバックスラッシュになるように変更する

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「エンマークを使う機会は殆どないよね。バックスラッシュは結構あるけど」

右上の文字入力のマークをクリック
 ↓
日本語環境設定を開く
 ↓
入力ソース
 ↓
"¥キーで入力する文字"の項目でバックスラッシュを選択する

command+space で日本語入力と英語入力を切り替えられるようにする

  • システム環境設定→キーボード
  • まず「ショートカット」の項目で「spotlight検索」を選び、 「control + space」を設定する
  • 続いて「入力ソース」の項目で「前の入力ソースを選択」を選び、「command + space」を設定する

ホットコーナーを設定

  • システム環境設定→デスクトップとスクリーンセーバー→スクリーンセーバー
  • このページにある「ホットコーナー」をクリックして各設定を行う

iTermを入れる

capslock を無効にする

  • システム環境設定→キーボード (さっきからこればっかりだな)
  • キーボードのタブ内の右下にある「修飾キー」
  • capslock の部分を control に置き換えると世界は変わる

Mac のスマートダッシュとスマート引用符の設定をオフにする

  • Mac はデフォルトで「-」が連続すると「ー」に変換する超余計なお世話な機能がある(全然スマートじゃない)
  • システム環境設定→キーボード
  • 「ユーザー辞書」タブ内にある「スマート引用符とスマートダッシュを使用」のチェックを外す
  • 設定はログアウト後に反映される

chrome の拡張機能をこれでもかと入れまくる

  • 詳細は下記の記事を参照

kappa-game.hatenadiary.jp

  • 拡張拡張! 人生を拡張だぜ、ヒャッハー!

homebrew とかを入れる

  • 詳しくは下記記事を参照

kappa-game.hatenadiary.jp

vimrc の設定を持ってくる → vimbunle の設定

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「githubに登録していた俺専用vimrcを持ってくる!!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「そして流れるように neobundle の設定を行う!」

kappa-game.hatenadiary.jp

ユーザー辞書の設定

  • よく使う日本語を設定
  • 初期で既に「よろ」→「よろしくお願い申し上げます。」が登録されている
  • 「なかでき」→「なかなかできることじゃないよ」
  • 「さすおに」→「さすが、お兄様」

ログインシェルを bash から zsh に切り替える

  • まず最新版の zsh をインストール
brew install zsh
  • 自分の環境にあるシェルの一覧を確認
cat /etc/shells
  • シェルの切り替え(パスワードと、切り替えるシェルを聞かれるので先ほどのコマンドで確認した zsh のパスを入力)
chsh

ruby を入れる rbenv

brew install rbenv ruby-build
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc
rbenv install -l
rbenv install 2.4.1  (上のコマンドでインストール可能なバージョン一覧が出るので、その中で何かを選ぶ)
rbenv global 2.4.1
ruby -v   (バージョンが切り替わってる事を確認)

mysql を入れる

brew install mysql

試しに rails を動かす

  • まず bundler を入れる
gem install bundler
rbenv rehash
bundler -v
  • 続いて Gemfile を作成
bundle init
  • Gemfile に rails を記載してインストール
  • gem rails の部分のコメントアウトを消してから、 bundle install
bundle install
  • 初回のみ色々インストールされるので長い
  • インストール完了したら満を辞して rails を作成
bundle exec rails new kappa
  • 色々インストールされる
  • ディレクトリを移動してサーバー起動
cd kappa
bundle exec rails s
  • これで localhost:3000 で rails の初期画面が見れる

不要なショートカットを Dockから削除

  • 絶対に使わないショートカットが初期設定では並んでいるので削除削除削除!
  • FaceTime を使う日なんて太陽が凍りついても来ない