読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

久々に vim の NeoBundle の設定をいじった

vim 環境設定
スポンサードリンク

実践Vim 思考のスピードで編集しよう! (アスキー書籍)
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「久々にvimの設定をいじるかー」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「我々レベルになると新しいpluginを入れるのが億劫になりますな。つまり老害」

まずは neobundle 使えるようにする

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「まずは neobundle を使えるようにする設定を……」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「この設定、何回目でしょうね」

set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

"ここに入れたい neobundle を書く"

call neobundle#end()
filetype plugin indent on
Neobgndlecheck

最終的にこうなった

set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

NeoBundle 'scrooloose/syntastic'  " syntax check
NeoBundle 'ruby-matchit'  " %を拡張して、def...end等のキーワードを移動出来るようにする
NeoBundle 'tpope/vim-endwise.git' " if...endなど対応するキーワードの自動補完
NeoBundle 'bronson/vim-trailing-whitespace' " 行末の余分なスペースを可視化

call neobundle#end()
filetype plugin indent on
Neobgndlecheck

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「syntax check は本当に便利だよね。不要な変数を使われてないよ?と指摘してくれたり」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ファイル保存時に自動で実行してくれるのでコマンドとか何も必要ないのが良いですね」

neobundle が使えるようにする

  • 必要ディレクトリを作成し neobundle を取ってくる
$ mkdir -p ~/.vim/bundle
$ git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim
  • 最後にvim中に下記コマンドを実行
:NeoBundleInstall