カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

swift で取得できる端末情報メモ

スポンサードリンク

なれる!SE14 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス<なれる!SE> (電撃文庫)
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「端末情報は何を保存しようか……」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「そもそもどんな情報が取得できるんでしょうか」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「調べてみよう!」

swift で取得できる端末情報

  • UIDevice を使えば端末関係の情報を取得できる
  • swift2.0 と swift3.0 でメソッド名が変わってるので注意
// swift2
UIDevice.currentDevice()

// swift3
UIDevice.current
項目 取得方法 サンプル 備考
端末名 UIDevice.current.name 設定 -> 一般に表示されている名称。シミュレーターだと iPhone Simulator になる
OS名 UIDevice.current.systemName iPhone OS
OSのバージョン UIDevice.current.systemVersion 8.1
OSのモデル名 UIDevice.current.model iPhone
表示されている画面の向き UIDevice.current.orientation UIDeviceOrientation
バッテリー残量 UIDevice.current.batteryLevel 0.4 0.0~1.0

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「……結構色々と取得できる」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「OS名とOSモデル名とか違いが分かりにくいですな」

その他情報

項目 取得方法 サンプル 備考
アプリのバージョン NSBundle.mainBundle().objectForInfoDictionaryKey("CFBundleShortVersionString") as! String 1.2.0 ユーザーに表示するビルドID

Android でも取れる情報

iOS と比べて簡単に取得可能(らしい)

  • ビルドID
  • 端末モデル名
  • android のバージョン(というよりもSDKのバージョン?)
  • APIレベル( OSのバージョンの代わりにこれを使って判定したりする )