読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】私用より体調不良の有給の方が文句を言われない風潮

スポンサードリンク

9割の体調不良は姿勢でよくなる (中経の文庫)
体調を崩してしまった。
最近は急に暑くなってきたし温度差による弊害だろうか?
所属しているPJの温度差が原因だったら辛い。

そもそも会社に所属する人間は目的も生き方も違うので温度差は生じて当たり前である。
故に温度差の発生=問題発生の前兆 のような捉え方は良くない。
むしろ温度差により生じるプラスαこそが会社の醍醐味であると言える。
ちなみに自分のやる気はゼロだ。やる気MAXの人間との温度差は氷と炎くらいの違いがあるだろう。
一見相反する要素だがうまく扱う事でメドローア現象を起こす事も可能となるが、できるならやる気MAXマンとは関わりたくない。根性でプログラムは書けぬ。
むしろ氷の冷静さがあってこそバグのないコードが書けるのだ。

もしも風邪じゃないならば、今すぐにでも飲みに行くのに。

この『もし〜ならば、〜のに』の言い回しこそが if 文の本質。
つまり if 文はポエム。

しかし起こり得ない事象に思いを馳せるのは人間の弱さだ。
自分は常に現実を見据え地に足がついた発想ができるエンジニアでありたい。

もしも俺が社長ならば あの人をクビにするのに。
→カッパだから無理っす。

ちなみにお世話になった先輩は「本当に休みたい時は私用じゃなくて体調不良で休む」と言っていた。
今ならその言葉の意味も分かる。