読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】全てがFF15になる

スポンサードリンク

ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4


風邪で体調が治らないまま土日が終わろうとしている。
なんという事だ……嘘だと言ってくれパトリシア……(※1)



本来ならこの土日までに執筆を2本終えている予定だった。
そしてかっぱクエストをリリースし、
3作のフィードバックをウハウハ気分で待っているはずだったのに……。


執筆はプロット3行のみ。
かっぱクエストの開発は未だ終わらない。


このままではダメだと一人スクラムを組む迷走をしてしまった。
ちなみにスクラムが効果あると思った事は一度もない。

残タスクをリストアップする事は大切だ。
しかし時に多すぎる残タスクというものは人の心を砕くものだ。跡形もないほどに。

そして残タスクをまとめてる時間があったら残タスクを処理してた方が有意義だったと気づくのだ。日曜日の夕方に。



「かっぱクエストがFF15化している(※2)」とは言い得て妙だ。


どんなプロジェクトも長期化は深刻な問題を生む。
モチベーションとか初期コンセプトのビジョンとか、
あらゆるものが時間とともに劣化して失われていく。

会社だったら途中で人材が居なくなる事もあるし、
iOS開発だと途中でXcodeやiOSのバージョンが上がって萎える。

告白もせずに悶々と過ごしている間に相手が結婚して離婚も済ましてたとかよくある事だ。


今の自分に必要なのは「時間はまだ無限にある」という甘えではない。
遅れている事の批判を全身で受け止めそれらをエネルギーに変える事なのだ。


思うに会社は「説教への恐怖」でみんな動いている。
負のエネルギー無くして、正のエネルギーは生まれないのだ。



というわけで記者会見を実行してみた。

かっぱクエスト リリース延期記者会


かっぱ「はぁ……」
ゴリ「どうした?」
かっぱ「……はぁ…クッソ…なんだよ…全然出てこねぇな」
かっぱ「俺な…覚悟して帰ってきたんだよ」
かっぱ「けど、なんかこうして…お前らの顔見たらさ…」
かっぱ「(感極まって泣きながら)わりぃ…やっぱつれぇわ」
金髪「…そりゃ、つれぇでしょ」
ゴリ「ちゃんと言えたじゃねえか」
失明「聞けてよかった…」
かっぱ「みんなどうもな!俺…お前らのこと好きだわ!」

まとめ

今の自分に必要なのは勢い。
発車寸前のロケットのような猛烈なエネルギーで、今こそリリースという大空へ羽ばたくのだ!


しかしこの決意をしてる瞬間、カッパは開発の手を休めブログを書いているという決定的な矛盾。



一般に「頑張るぞ!」と言葉に出している時点で人は頑張っていないのである。




※1 パトリシア

なんか美人っぽい名前。語尾に付けると切なさを匂わす事ができるんだパトリシア……。


※2 FF15化している

FF15が極上クオリティを目指して10年の開発を続けた話はあまりに有名。ノクトー!