読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】外部MTGという究極の時間つぶし

スポンサードリンク

マジック:ザ・ギャザリング カラデシュ ブースター 日本語版 36パック入りBOX

今の業務では外部の会社先でMTGがある(週1。13時開始)。

外部MTG……この甘美で危険な響き。

しかしこのキーワードは合法的なサボリ概念に他ならない。

このMTGは往復1時間弱(片道30分くらい)。
さらにそこでMTG1時間。

普通に考えれば2時間だけだが、
実際には1日分のロスと言っても過言ではない。
(〜と言っても過言ではない、の表現が多いな)

なぜ、外部MTGはサボりなのか

まず、問題は13時開始という時間帯である。
その前後でランチを取らざるを得ない時間帯なのだ。

これにより外出時間はかなり曖昧になる。


まず、外部MTGなので遅刻は許されないのでバッファを取って早めに到着する必要がある。
なので15分早めに着くとして、12時15分には出発する必要が出てくる。

そして会議終了の14時(MTGが白熱すると更に長い)。
この時にはカッパの空腹は極限状態に近い。
これはランチを取らざるを得ない時間帯なのだ。


仮に会社でカッパの帰りを美女が待っていたとして、
多少遅かったとしても「きっとMTGが長引いてるのね、素敵!」と曖昧に解釈される事となる。

MTGが長引いているのかランチが長引いているのか、
真実は完全にブラックボックスとなる。


「MTGした〜」というただでさえ何も生み出さないのに仕事した感がでる幻想タスク。

これが外部MTGになると「俺は影響度の高い仕事した〜」という錯覚を生むからやばい。
実際には地蔵のように立ってるだけなので影響度ゼロだ。

一日のスケジュール分析

10時出社。
 「おはようございま〜す」の反応が来ないと寂しくなる時間。
 女子の「おはようございま〜す」と比べて俺の挨拶への反応が少なくないか?と邪推タイム。

10時〜10時半。
 メールチェック&タスク確認
 本当に30分かかってるかは疑問だが、ここはエンジンを入れるための儀式なので仕方ない。
 ブルルォーン、ブルルォーン……今日はエンジンがかかりにくいな、もう少しメールチェックするか。

10時半~11時。
 最新技術調査という名目のネットサーフィン。
 最近の『はてブITのホットエントリー』は全然ITじゃないアフィ記事ばかりだ、と世を憂う時間。

「常に最新技術は追っておきたいですからね」という究極の言い訳でエンジニアはネットサーフィンしまくりではないか。
 2chまとめに最新技術はあるのか?

11時〜11時半。
 さーて、そろそろ仕事しようかなと思う時間。

11時半〜
「あと30分後に外出となると、ガッツリ作業をする訳にはいかないな」と言う言い訳が発生する時間。

12時15分〜13時
 移動時間。
 これ、完全にサボリの時間だ!

 早めに到着してカフェで時間を潰すのは仕方ないよね、と優雅なカフェタイムになる。

13時〜14時
 MTG。
 キリッとした表情をいかにするかが大事。

 欠席すると冷たい目で見られるのに出席しても空気として扱われる。
 それが日本のMTG。

14時〜15時
 MTG終了したしランチ。
 MTGの内容によっては壮大な愚痴ランチになり飯が更に美味しくなる。

15時〜15時半
 移動時間。別名サボリ時間。
 食後のボーッとした頭の時間帯を移動時間に当てるのは効率的かもしれない。

15時半〜16時
「外部MTGから戻ってきた」と言う圧倒的な仕事感で席に着く。
 
 席について「さぁ仕事するぞ!」となるのがセオリーだが、
 実際には歩いてきた肉体的疲労から回復するまで時間がかかるのが現実。
 クールタイムの30分。

16時〜16時半
 そろそろ仕事するかー、と思う時間。
 しかしここで「1日の内、途中で30分くらいはガッツリ休憩した方が作業効率上がるよね」と言う言い訳が発生する。
 10時出社してから6時間経過(内、ランチタイム1時間)。
 つまり5時間労働しているので今こそが中間地点、休憩タイムではないかと思い始める。

16時半〜
 議事録タイムで時間を稼ぐ場合あり。
「さっきのMTGについてフィードバック」という猿でもできる作業時間が発生するウッキー。

17時〜18時
 たいていMTGが一つくらい入ってるので1時間は潰れる。

18時〜18時半
「やべえ、残り1時間なのに今日なんにもやってねぇ」と悟る。
 同時に危機感がわき、ハイレベルな集中状態で仕事をする。
「定時で帰りたい」というのは最高のモチベーションだね、とスティーブン・ジョブスも言ってはいない。

18時半〜19時
「定時の間際に作業しても中途半端になるよね」と言い訳の発生する時間。
 この時間帯は定時に向けてクラウチングスタートの構えを取る時間である。

19時
 19時になると同時に「お先失礼しまーす!」と元気よく帰る。
 大した仕事もしていないのに「今日は沢山仕事したぜー」という満足感あり。

まとめ

 結局、その日の仕事ぶりは集中した30分〜1時間で決まる。

 何事もバッファを持って作業に取り組む必要がある。
 そのバッファを取るためのバッファが〜 と、俺の作業時間がバッファばかりになっていく不思議。バッファロ〜