カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】イケメンの格差社会 手嶋先輩が俺だった

スポンサードリンク

TVアニメ「弱虫ペダル NEW GENERATION」キャラクターソング Vol.01 小野田坂道&手嶋純太

弱虫ペダルで手嶋先輩が超頑張ってた。
自転車競技がまるで命のやりとりをしているかのような気迫だ。


そして手嶋先輩=俺という事に気付いた。

手嶋先輩「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

真波「お、結構早いですねー(イケメンの余裕)」
モブ選手「プッ、無謀すぎだろ」
モブ客「手嶋? 聞いた事もねえ奴だな」
味方「あの人、大丈夫なんすか!?」


手嶋先輩「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

真波「頑張りますねー、小島先輩?でしたっけ(イケメンの余裕)」
アブ「アブゥ(笑) 失礼、笑ってしまったよ」
モブ客「真波く〜ん」


この世界は手嶋先輩をディスるために存在するのかと思うほどの過酷な環境だ。
これはまさに今のカッパと一緒だ。


f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ケェェェェェェェェ!」

真波「お、残業してますねー(イケメンの余裕)」
モブ「社畜アピール乙っす」
モブ女「真波く〜ん」
NTR男「Kは俺が貰ってくね」


f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「8時間のMTG三日連続とかやめましょうよ けぇぇぇぇ!」

真波「スクラムは皆の心を一つにするべきですよー(イケメンの余裕)」
上司「PJに非協力的なのは感心しないなぁ」
モブ「スクラムマスターが〜 POが〜」


しかしカッパがどんなに頑張ったところで、手嶋先輩と違いイメージソングCDを発売できる訳でもない。

俺は……俺は……何のために戦っているんダァァァァァ!(ロックマンXのCM風)