カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】普通とはなんなのか  少なくとも髪の色がピンクじゃない事だ

スポンサードリンク

ついにカッパの最後の休日出勤が始まった。
しかし今、俺は会社でブログを書いている。

やるべき事とやっている事の不一致。
そんな矛盾が起こりうるほどに、今週のサクラクエストも刺激的すぎたのだ
サクラクエスト (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

今週のサクラクエストの問題点 「なんか、ピンクさんだけ普通なんですよね」

  • 明らかにチャラくて仕事後に女をゲットする事しか考えてなさそうなプロデューサー(俺の偏見)がやってくる
  • この手の男は仕事後の食事でドヤ顔で自分語りをはじめ、最後に「だから俺と付き合わない?」とか言ってくるタイプに違いねえ
  • 男は一通り町興しガールズのインタビューを終えた後で言う。
男「なんか、ピンクさんだけ普通なんですよね……」
  • 髪がピンクで露出度が異様に高くて水着でソーメンを浴びて喜ぶ女のどこが普通なのか
  • 或いは「この女はこんな短いホットパンツを履いても至って普通だ」みたいな空気ができてしまっているのだろうか
  • 「普通」が「普通」でなくなる事、それほど恐ろしい事はないのだ

残業が普通になる職場

  • この会社も上司が残業しまくっているので、残業する事が普通になりつつある
  • 上司その一が対策として、「いっそ全員のシフトを遅くしたらどうでしょうか?」と提案した
  • どうせみんな遅くなるなら(客先からの対応が遅くに来る事も一因)、スタートを遅くする事で労働時間を減らそうと言う訳だ
  • 意外と良い案かもしれないが果たしてどうなるか

フレックス制と言う罠

  • 一応今の会社はフレックス制を導入している
  • 1分でも出社すればその日の義務は満たした事になるのだ
  • でも新卒や二年目の社員にとってフレックス制は早すぎたように思う
  • 在宅や喫茶店での作業で、会社に来るのと同じ稼働をするなんて絶対に無理だ
  • 「小人閑居して不善をなす」としか思えねえ

そして第二第三のKを探す

  • 話はガラリと変わるが、カッパは早くも第二第三のKを探している
  • 発狂していた頃は「正気に戻りてー」と思っていたが、正気に戻ると今度は「今の俺には狂気が必要だ」と感じるものだ
  • Kの存在はカッパに無限のモチベーションを与える
  • 次はそう簡単に消えることのないKを見つけなければならない
  • Kの候補がいない訳ではない。この前、突然社内で叫び出したあの人ならば第二のKになれるかもしれない