カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

React.js の鐘を鳴らす女

スポンサードリンク

だいぶ時間がかかったけど React.js の良さが分かってきた。

フレームワークは「ここをいじったらここが動くんだよな」という結果から学んで行くのが良いと思った。
裏側の仕組みとかを知るのは徐々にで良いと思う。

カッパの、大雑把な、理解

  • ボタン押したりしたら action イベントを受け取る
  • storeでstatusとかを色々処理して view が更新される
  • view の更新は component が部分的な html を返す感じ
  • props に値を入れて受け渡しをしまくってる。 this.props.xxx とすれば大体の値は取れる
  • Redux saga は非同期処理をするのに適してる。 saga/ 以下に非同期処理をかく
  • root saga でどのアクションの時にどの処理を実行するかのマッピングみたいなのが書かれてる
  • es6 だと html の要素とかを変数に詰め込むのが描きやすいので、component とか書く時に便利に感じた


React.jsは初めは冷たい奴だと思っていたが付き合ってみたらなかなか優しい女だったぜ、とアメリカン風な感想

React.js で良かったところ

  • シャドードムの名前が格好良い(バーチャルドムとも呼ばれてるらしいが、男ならシャドー一択)
  • ボタンとか押してもページロードが走らないので体感で早く感じる
  • view が component 毎に分かれてるのがなんか面白い&分かりやすい
  • 「俺 react の経験あるんすよー」と言えるようになる

React.js で辛かったところ

  • component の思想が慣れないと大変かも(画面構成をページ遷移とセットで考えるとダメだ。画面遷移なんて一回もせずcomponentを切り替えていくイメージ)
  • 当然だけど javascript のエラーが出ると完全に止まる
  • カッパが不慣れなせいか、なんか javascript のエラー関係はデバッグしにくいんだよなぁ
  • (自分の関わってるPJでは)component にロジックが結構書かれてるので view とロジックがあまり分離されてないように感じた
  • ↑せいぜい変数で view を出し分けるくらいのロジックに留めたいところだ
  • フレームワークに慣れてない頃にフレームワークのエラーが出ると辛い

「そんなエラーじゃ分かんないよ!」と彼氏に怒りをぶつける自分に酔う女子高生みたいな気持ちになる

そして

  • これから先は当分 react.js をいじる日は無さそう
  • どこ担当とか明確に決まってた訳じゃないけど、カッパはバックエンド担当にいつの間にかなりつつある
  • ちなみにフルスタックエンジニアとかいう格好いい単語があるけど「俺フロントもできるんすよ」とか調子に乗った言動は災いの元だからやめた方が良い
  • フルスタックエンジニアを名乗れる奴は自称ドSで自分のキメ顔をフェースブックに乗せるのが好きな奴だ!

でも rails と react.js って相性どうなんだろ?

  • views 以下を見てもファイルが全然なくて初めビビった
  • rails 的には視覚的要素は views/** 以下にまとめて置きたいんじゃないかねぇ
  • react.js 的には app/assets/javascripts/**/components/** 以下に視覚的要素を置くけど、なんか両者の思想が噛み合ってない気がしないでもない
  • 別れるなら早い方が良い。面接は自分を売り込む場所じゃなくて、互いを理解し合う場所だから