カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】ついに海外でもお兄様となったカッパ

スポンサードリンク

呼び名は互いの関係性を示す重要な要素だ。

ラノベでもヒロインがデレるサインとして、
「これからは○○と呼んで欲しい(or呼ばせて欲しい)」みたいなテンプレシーンがある。

互いをニックネームで呼び合う特別感。何だこれ、テンプレ最高じゃねえか。
自分もいつかK2からカッパと呼ばれるべきなのだ。

お兄様体感シミュレーター

昨日はベトナム人のPCが壊れて一から環境を再構築する事になった。
しかし、なぜかAPIが叩けなくなってしまったようだ。

そして緊急の slack でのやりとりをする事になった。

カッパ「ひょっとして .env が設定されてないのでは?」

ベトナム人「!?」
たぬき「.env だと…‥いや、まさかそんな」
らくだ「いや、灯台元暗しという言葉もある。ありえない事ではないな」
きつね「試してみる価値はあると思います!」


ベトナム「Wow, I can work again. Now I have full energy」
たぬき「API疎通確認できました!」
らくだ「奇跡だ!」
きつね「一体どんな思考回路をしていたらそんな回答に辿り着くんだ? 今度ぜひ教えてもらいたいよ」

.env のファイルを渡しただけでこのヨイショ。
カッパがこの会社にいる大きな理由の一つでもある。

ついに異国を制したカッパ

  • この会社では些細な事でのヨイショは日常茶飯事だ
  • もはやそんな事ではカッパの心は動かない。ニヤニヤするけど
  • しかし、ベトナム人の最後の一言がカッパの心を震わせた
ベトナム人「thank you brother.」

カッパ「!?」

ついにカッパは外国でもお兄様と呼ばれるようになったのだ。

そのうち sasuoni と言われても何ら不思議ではないな。

総括

  • 俺はお兄様になりたいのかカッパになりたいのか
  • 進むべきを定めねば、何者にもなれない
  • また、俺はK2からカッパと呼ばれたいのかお兄様と呼ばれたいのか
  • そもそも認識すらされていないという現状。サイトは炎上。ここは戦場 (ラップ風終了)