カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【Rails】count と size の違い

スポンサードリンク

今日は Pull Request で天才マンから指摘を受けた。
このカッパのPRに指摘をできるとは、やるではないか。

count と size の違いも気にせずに実装していたカッパ

  • count メソッドを使うと SELECT COUNT(*) FROM kappa ~ のSQLが走ってしまう
  • size メソッドは結果をキャッシュしてくれる
  • 今回の場合は size を使った方がパフォーマンス的に良さそうとの事だった
  • ちなみに length を使うとリロードが走るらしい

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「この誤差とも言える違いを大きいと見るか、小さいと見るか」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「今この瞬間はなるほど、と思っても数日後には確実に忘れている自信があります」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「しかし今後、レビューで何かコメントをしないといけないような状況にあった時、ドヤ顔で語る薀蓄として使えそう」

まとめると

- size で取る方が早い事が多い
- リロードさせたいなら length
- そして中途半端な count (カッパの偏見)

久しぶりに技術的な事を書いた

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「技術的な事を書くと『そこは間違ってますよ〜』のコメントが来ないかと怖い。怖い!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「優しい指摘ならまだ良いですが『誤った情報を世界に垂れ流すとか何考えてるの?』みたいなコメントが来たら辛い」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「男子高校生ならば誰もが夢見た優しいお姉さんに『あらあら、ここが違うわよ』と教えられるようなシチュエーションは未だにやって来ない」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「だから、我々はラノベを読むんですな」

結論:

count と sizu はどちらを使うべきか?
→ 優しいお姉さんに指摘された方を使いたい