カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】2017年のモダンな開発手法 カッパラム開発

スポンサードリンク

今日は本番デプロイできる人が誰もいないので
超暇な日となりそうだ。

暇さいこー、という思いしか出てこないな。

今の俺の脳内を占めるのはハンバーグだけだ

  • 敢えて午前中の稼働をゼロにする事で午後に爆発的なパフォーマンスを生み出す
  • この開発手法をカッパラムと名付けよう(カッパ+スクラム最低 の造語)
  • カッパラム開発の問題点、それは午後は食後なので眠くなり稼働が著しく減る事だ
  • むしろ夕方になり「今日全然働いてねえやー」という罪悪感や危機感が開発スピードを加速させるのだ
K2「開発をしないほど開発効率が上がるとは、非常に新しい開発手法ですね」
カッパ「会えないほど会いたくなるのと同じ事ですよ(ろくろクルクルー)」


こんな1円の得にもならない妄想も開発効率を上げるためには必要だ

既読スルーするなら、なんでアドレスを教えてきたんだ!

  • カッパラム開発を持ってしても分からないもの
  • それは女心だ
  • カッパのラインID消してトンズラするかも事件はそっと幕を閉じた
  • 発狂させてくれてありがとう、としか言いようがねえ

人からスルーされるスキルばかりが磨かれて
煽る言葉をスルーするスキルは成長しない。
汚れた大人になってしまった。

総括

  • カッパラム開発の手順1: まずコードではなくブログを書く
  • カッパラム開発の手法2: 今なら傷つく事もないだろう、と突然ラインを送る
  • カッパラム開発の手法3: 既読スルーされてやっぱり傷つく
  • カッパラム開発の手法4: 今日は開発する気が起きねえ
  • カッパラム開発の手法5: 明日頑張ろう、という気持ちになる

ラインはともかく、今日のK2はもう踊り子どころか遊び人だった。
もうダメだ。

俺にはK2を受け入れられる自信がない。

早急にK3を探した方が良さそうだ。