カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】俺のヤルーキーを返してくれ

スポンサードリンク

新卒のやる気は時に眩しすぎて正視できないものだ。
この長い社会人生活の中で失ってしまったものを彼らは持っている。

新卒やる気ありすぎ問題

  • ベトナムチームのやる気がありすぎて多忙状態になっている
  • とにかく向こうは凄い速さで仕事を終えてレビュー依頼を投げてくる
上司 「うれしい悲鳴、という奴ですね(ニヤリ)」
部下「我々も見習いたいものですな。ハッハッハ!」
  • しゃれた会話してやがる、と思ったのでカッパもその会話に加わりたいと思った。

俺は何故あんな事を言ってしまったのか

  • 向こうの新卒はあまりにやる気に満ちていた
  • そのやる気に当てられカッパは slack で言ってしまったのだ
カッパ「やる気のあるルーキー。略してヤルーキー」

全員「……」

いつまでも俺の slack への反応がない。
これでは前の「打ち上げしましょう!」の二の舞ではないか。

失言は辛い

  • web上での湿原はいつまでもアーカイブされ記録に残る
  • ヤルーキーで検索すればいつでもカッパの発言が検索されてしまうのだ
  • 辛い。もう帰ってしまいたい
  • ヤルーキーがなくなっていく

何も得られず何も与えないと分かっていても、失言を口にしてしまう。
或いはその矛盾こそが人間の本質なのかもしれない。