カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】飲み会という名のライアーゲーム

スポンサードリンク

脱出したPJの雰囲気のギスギス感が加速している。
今までは「俺がなんとかせねば……」と侍のような気持ちだったが、
脱出した今は対岸の火事なので「つーか、これからっしょ」くらいにしか感じないのがカッパだ。

しかしそのPJから爆弾が投下された。

「今度飲み会をしましょう」爆弾

  • まさか、よりによって一番政治的なこのPJから飲み会のキーワードが出てくるとは
  • 8時間MTGをしまくってこれ以上何を話すというのか
  • PJメンバーが「とりあえずお前が先に入力してくれ」と探るような視線を交差させている
  • まるでライアーゲームのような心理戦だ
  • 欠席と答えれば更なるギスギス感が待っているかもしれない
  • YESもNOも蛇の道ではないか!

あらゆる飲み会に参加するイエスマンになろうという誓い

  • カッパはこの会社に入る時、あらゆる事にイエスマンであろうと決めた
  • しかし体育会系の飲み会は  俺に体育会系に染まれというのか?
  • 会社の飲み会は合コンじゃねえ。 しかしK2が、せめてKが、或いはK3かK4が居れば……と思わずにいられない

2時間の下ネタに耐えられるのだろうか

  • 話すことがない体育会系が行き着く場所といったら下ネタしかねえ(カッパの偏見)
  • 或いは恋バナなんて始まったら目も当てられねえ。俺にKについて語れというのか
  • ↑「ブログを見ろ」の5文字で足りる事だが、ブログを見られたくない
  • 下ネタは辛い。売れない芸人が起死回生の秘策として下ネタに走って滑るのを今まで何度見てきたことか
  • 下ネタで喜ぶのは小学生までだと知れ!

2時間の結婚自慢を聞かされるのだろうか

  • 話すことがない会社飲み会が行き着く先は結婚の話題だ(カッパの偏見2)
  • 「カッパさんも結婚しなよー」←そう思うなら今すぐKを呼んでこい!
  • 不倫の重みも知らない奴が結婚を語ってるんじゃねえ!
  • 俺自身は不倫を経験したことがないが、現在進行形で不倫をしている女性に告白した経験がある
  • そして限りなく名前が近い人物が不倫を起こしたという経験がある
  • 「結婚について語る資格があるのは不倫の重みを知ってる奴だけだ」
  • しかし世の中には現在進行形で不倫をしている人間が「結婚は良いぞ〜」と言ってるから何も信じられねえ
  • 話は元に戻るが、結婚自慢を2時間はつれえ。やっぱつれえわ
  • 娘の成長の話とか何をどう相槌打って良いか分からねえ
  • 「タンクトップ着た奴が婿に来たらどうします?」と聞くくらいしかカッパのやる事がねえ
いっそ俺が主導権を握ってしまうか
  • 『カッパが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな』という歌詞を思い出した
  • 飲み会の話題が辛いならば、俺自身が飲み会の話題の起点となれば解決するかもしれない
  • でも俺の脳内にはKとカッパクエストしかねえ。Kの話題は無理だ。カッパクエストは完成してねえ
  • 俺に「ちゅーもーく!」的なノリは無理だ
  • 辛い
そんな事を考えて居たら、出欠表に丸がついて居た
  • カッパが悶々としている間にメンバー3名が出欠を入力していた
  • 先手を取られたぁ!(寝取られたぁ! みたいなニュアンス)

Aさん 月○ 火○ 水× 木× 金○
Bさん 月△ 火× 水○ 木○ 金×

これは高度な心理戦だ。
AさんとBさんを同時に誘う事はもはや不可能要件に近い。

しかしAさんとBさんは険悪な訳ではない。
むしろ「欠席してえ」という同じ思いを抱いていたからこそ「俺かお前、どちらかだけでも……」という崇高な思いからこのような結果となったのだ。

そしてCさん  月△ 火× 水△ 木× 金×

清々しいまでに出席する気がかけらも感じられない。


カッパもここまで自分の気持ちに正直でいられたら……と思う。

このままでは○△△という非常に微妙な集計結果で月曜に確定してしまう。

カッパはどんな予定を入れれば良いのだろう。
K2、教えてくれ。ケー! ツー!

渡ってみるか、危ない橋

  • 最近の自分の精神はたるんでいたと思うので、敢えて苦行に身を委ねるのも一興かもしれない
  • もしかしたら飲みまくってケーケー叫んでいたらK2が乱入してくるという可能性がジャンボ宝くじくらいの可能性であるかもしれない
  • しかしこの調整くんの中、全○を入力するのはなかなか勇気がいるンゴねぇ

総括

  • 「この世にくだらない麻雀は沢山あっても、無駄な麻雀は一つもない」とは天牌の名言だ
  • 「きっとこの世にくだらない飲み会は沢山あっても、無駄な飲み会は一つもない」
  • この飲み会がカッパの血肉となり、やがてK2の子孫へと受け継がれ一つのヒストリーを築き上げるのだ
  • ↑この発想が我ながらキモいので今日はもうブログを書くのはやめよう
  • まさか業務中にここまで長文を書かせるとは、なかなかこのPJも捨てたもんではないな