カッパでも分かるiOSアプリゲーム開発

カッパがひたすらゲーム制作に関することを書くブログです。Railsに関するTipsもたまにまとめてます。

【業務日誌】「ことりん」というプログラム言語が萌えキャラにしか聞こえない

スポンサードリンク

今日は技術会議があった。
Androidアプリで今回は何の技術を導入しようか〜 というところでやたら「ことりん」という言葉が出てきた。

ことりん …… 何度聞いても萌えキャラにしか聞こえねえ。

ラブライブの小鳥と凛のカップリングの話でもしてんのかと思う。

ちなみにカッパはラブライブを1期、2期と劇場版まで見たところでラブライブがあまり好きじゃないと気づいた。

明日、カッパは会社に来る必要ありますか?

  • 明日は今日に引き続きまるでやることはないが、それでも会社にいてほしいと言う話が出た
  • 9月頃なら「それなら会社にいますね〜」と笑顔で答えていたが、一ヶ月目なのでカッパも怒涛の拒否をした

そのあと、エンジニア同士でリモートするべきか、会社に来るべきかの話をしたのだが

カッパ「今の俺の作業では自宅にいても会社にいても何も変わらないんですよね」

カッパ「強いて言うなら俺が会社に存在しているだけで 女性社員の心を狂わせるって事ですかね」

実際には俺が狂わせてるのではなく俺が狂ってるだけなんだがな。

ところがまさかの裏切りに合い、
後半の行が slack の全体チャンネルに貼り付けられカッパは早帰りする事となった。

slackは裏切る

  • 一対一で会話をしていたつもりが、コピペにより全体公開される
  • ソーシャルクライシスだ!

この悲しみをカッパクエストへの開発力に変えろ!

  • 今日の俺は「ナルシストな発言を意味なくslackに投下し、それを全体にシェアされた痛いカッパ」だ
  • しかしカッパクエストをリリースすればその印象は180度変わる
  • 「あの Undertale をリリースした Tobby Fox と(自作でゲームを作ったと言うただ一点において)横に並んだカッパ」になる
  • このアプリをリリースすればきっと全ての事態は好転する
  • しかし思い入れが強いほど、「この完成度で出すわけにはいかない……」という泥沼にハマる
  • 納期が来たら問答無用でリリースする河津さん精神を俺に……俺にクレメンス!